タクシーの配車から
ご相談まで

076-421-1122

会社情報|安全への取り組み

地域のロードリーダーとして、安全を第一に取り組んでいます。

地域のロードリーダーとして、安全を第一に取り組んでいます。

富山交通は、「安全と安心」こそ交通事業者として最も重要であり、サービスの基本であると考え、
安全についての以下の取り組みを実施しています。

運輸安全マネジメントの推進

道路運送法の改正により、「運輸安全マネジメント」の導入が義務付けられました。 富山交通では「安全第一」でサービスを提供するため、 全社一丸となって運輸安全マネジメントの推進に取り組み、 「安全計画」や「事故統計」などのさまざまな情報を開示しています。

運輸安全マネジメントの推進

出勤・帰庫時のアルコールチェック

高性能のアルコールチェッカーを配備。 出勤・帰庫時における乗務員のアルコールチェック体制を徹底し、 全社を挙げて「飲酒運転撲滅」に取り組んでいます。

始業・就業時のアルコールチェック

全車両にドライブレコーダー設置

速度超過の撲滅と事故抑制効果を目的として、最新型ドライブレコーダーを装備しています。
ドライブレコーダーはヒヤリハットや万が一の事故発生時に映像を記録できます。

事故映像を用いた安全教育

安全への知識を的確に身につけることを目的に、社内で年3回の安全運転研修会を実施。 その際、ドライブレコーダーに記録された実際の事故映像を、事故への危機意識の醸成に役立てています。

事故映像を用いた安全教育

健康診断を年2回実施

当社は、「安全」を考えるにあたり、まず社員が「健康」であることが重要と考えています。
乗務員はもちろん、一般職を含む全従業員に対し、年2回の健康診断を実施しています。

自社工場での厳重な車両整備

当社の全車両は、自社整備工場で2級整備士により、常に最良のコンディションに整備しています。
厳しいチェック項目に合格した車両だけが、富山交通の車両として運行が許されます。

PAGETOP